スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星空ウォッチング

ばしこうです!

6月8日(土)に新潟県立自然科学館で星空ウォッチングがありました。
星空ウォッチングとは、科学館に来たお客さんに望遠鏡をつかって星の説明などをするイベントです。
新潟大学天文部はそのお手伝いをします

お手伝いとして参加した部員4名に加え、活動を見学する新入生など7名
の計11名がこのイベントに参加しました!

運悪く昨日の夜空は全体的に厚い雲に覆われていたので、星をゆっくり眺めることは困難でした
しかし、土星、アークトゥルス、アルコルとミザール、ベガなどをチラリと見ることができました。

新入生に星空ウォッチングとはどういうイベントなのか、とわかってもらえただけでもよかったです!





スポンサーサイト

5/28ウォッチング

Author:☆トミー☆

この日はあいにくの天気でして、朝から雨模様・・・
当然ながら観望は中止となりましたがとりあえず科学館へ向かいます!

ウォッチングの日が雨の日は観望会の代わりにプラネタリウムを見る事になります!
今回参加してくれた1年生はプラネタリウムが初めてということで、見れて嬉しかったようですね^^
次はぜひとも望遠鏡で星を見てもらいたいですね(^o^)

それと今回科学館とお話しをしたところ
日程が合えば科学館の望遠鏡を使う練習をしていいとのことでした!
ウォッチングになかなか参加できなくて、望遠鏡使えるか不安・・・という人は練習に参加してみてはいかがですか?
日程とかはまだまったく決まってないので例会やメーリング等でまたお知らせします!

参加した皆さまお疲れ様でした!

4/9ウォッチング

Author:☆トミー☆

4/9に行われたウォッチング(正式名:テレスコープのタべ)の記事を書きたいと思います^^

この日は雲が多い天気となってしまい、早い段階で観望会の中止が決定しました
その代わりにプラネタリウムを使って星空を見せるとの事だったので天文部員は科学館へ~
今年から指定管理者が変わったという事もありウォッチングも内容が大幅に変更になってます

まず定員が50人と縮小(前年度は200人)
これは今回から科学館内のレストランを使って星の説明をするため
レストランのキャパシティーの関係上こうなったそうです

さて、今回のテーマは「星の生と死」ということでお話しがありました!
内容は対称が大人ということであり若干難しめだった気がします
対称は大人ですが、今回は子供が多かったのでお子さんは分からない部分があったかもしれません

それで説明の途中で雲が晴れてきたということで急きょ屋上で観望会を行う事になりました!
しかしそれでも雲が多く見せられた星は土星や火星、プロキオンなどに限られてしまいました
それでもお客さんはかなり満足していったようだったのでよかったかなと思います^^

今回は1回目と言う事でいろいろ反省点や課題などがありました
これからさらにこのウォッチングをよくしていきたいと思います!

とりあえず防寒対策は必須だと思った

9/26・10/3 ウォッチング

Author:☆キッコーマン☆


9月26日と10月3日に2週連続で自然科学館にてウォッチングに参加してきました

26日はなかなかの星見日和で、望遠鏡のセッティング中にはISS(国際宇宙ステーション)が通過していく様子をしっかり見る事ができました!

ただ、この日は国体の開会式でビッグスワンの照明がついたままだったので、フォーマルハウト等の低い所にある星は見づらかったです

3日は中秋の名月という事で月をメインに据えた内容でした。多少雲がかかっていましたが、きれいな月を見ることができました

あと両日に共通することですが、この時期でも夜は肌寒いので早々と帰ってしまう方が結構いました

これからしし座流星群や撮影などで観望会に行く機会も多くなると思いますが、その時には防寒対策を怠らないように

8/26ウォッチング

Author:☆トタン屋根☆

8月26日、新潟県立自然科学館にてウォッチングが行われました。

天文部員は屋上に望遠鏡を立て、プラネタリウムでのガイダンスを終えた参加者の方々にアルビレオなど夏を代表する星座の星や、木星を実際に見ていただきました。子供はもちろん大人の方も興奮して望遠鏡を覗きこんでいたのが印象的でした。

また、木星と4つの衛星を携帯のカメラで撮影するのに成功した方が何人かいらっしゃり、とても満足された様子でした。ちなみにニンテンドーDSiのカメラでもハッキリと撮影できたそうです!

当日は旧暦における七夕でしたが、天候に恵まれ終始雲に遮られることなく星を見ることができました。今回は夏休みの宿題のテーマに、という目的で参加した子供たちも多く、その期待に星空が応えたのだといえるでしょう。

晴天のウォッチングは今回が初めてで、部員の皆さんに教わることばかりでしたがとても勉強になりました。
カレンダー
| 2017/06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
今後の予定
行事   
      
  • 10/8
    りゅう座流星群

  •   
  • 10/20.21
    新大祭

  •   
  • 10/21
    オリオン座流星群

  •   
  • 11/5
    おうし座流星群

  •   
  • 11/17
    獅子座流星群

  •  
  • 12/13
    双子座流星群

  •   
  • 12/22
    こぐま座流星群

  •   
その他   
      

  • 特記事項はありません

  •   
訪問者数
記事検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。