スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/20 観望会


10/20の観望会は巻の運動公園で行いました。

到着した頃は、雨もやんで、雲の隙間から星を見ることができました。
ペガスス座などの秋の星座を見つけられて良かったです。


目的のオリオン座流星群を見るため、空を眺めていたら途中から雲がかかってきてしまいました・・


ということで、なかなか晴れなかったので、みんなでおでん食べて温まってから帰りました。

タイミングが悪く流星群を見逃してしまい、残念です。
次こそは・・・
スポンサーサイト

星空ファクトリー【西区】

author:名無し


10月24日に西区でファクトリーがありました。
今回は参加人数が多かったようです。

新規の参加者が多かったので、子供たちに望遠鏡の作り方を教えるのが私たちの主な仕事でした。
子供たちは一生懸命望遠鏡づくりに取り組んでいました!
あと、最後のほうで秋の星座について子供たちに説明しました。
学祭のプラネでやった内容なのに、あまりうまく教えることができませんでした…
もっと勉強が必要です…


参加されたみなさん、お疲れさまでした!


ファクトリー

ファクトリー

観望会@じょんのび

author スズリ

役員交代記念ということで、1年生初の観望会を開くことになりました。

総勢 四捨五入すると30人くらい集まって久々に大勢での観望会になりました。

場所はじょんのびで晴れてるだろうと思っていたら、うっすらと雲がかかっていて残念でしたが、
それなりに流れ星が見れて良かったと思います。
プラネのおかげで秋の星座もそれなりに分かりなかなか面白かったです。


寒空で飲むコーンスープはとても美味しかったです。ありがとうございました。


最後に、解散した後にK柴CARがパトカーさんに偶然かこまれたのも良い思い出。

学祭

文責:総統部長

10月17日(土)、18日(日)の二日間に亘り、天文部最大のイベントである学祭が開催されました

毎年、天文部は、
①手作りプラネタリウム
②部員による天体写真コンテストなどの常設展示
③おいしいクレープ屋さん

を出店していました

しかし、今年の部長(あ、私のことです)は、それだけでは飽き足らず、
④大型展示
なるものも出店しました


①手作りプラネタリウム
1、2年生が中心になって運営した、プラネタリウム本体、ドーム、番組、全て学生の手作りのプラネタリウムです。
今年は、秋の星座全般を紹介する豪華な内容でした
学祭当日は、朝一番こそお客さんがいなかったものの、それ以降は毎回満員御礼でした
まだあまり星座に詳しくない1、2年生が半日プラネタリウムのドーム内で業務にあたるため、ドームから出てくると星座に詳しくなっているので、とてもお得感があります


②部員による天体写真コンテストなどの常設展示
常設展示室では、『部員による天体写真コンテスト』や、『普段の観望会などで使用している望遠鏡・双眼鏡の展示』、今回のプラネタリウムの番組に出てくる『星座の解説ポスター』など、さまざまなものを展示しました。
ろう下にも、『これまでの活動紹介ポスター』や、『月を再現』なる展示物を展示しました。これらは3年生が展示解説にあたり、飾りつけは“Kちゃん”が中心になって行ってくれました


③おいしいクレープ屋さん
天文部名物のクレープ屋さんが今年もやってきました
新潟大学生に愛されて幾年、今年もやはり黒山の人だかりができました
おかげ様で黒字決算でしたが、前売り券を買ったのに食べれなかった部員がいたようです、
お気の毒様
…ちなみに、ここだけの話。
毎年、クレープ屋の名前を決める会議を例会で行うのに今年は忘れてた、別の活動が忙しかったので、
気に入っていた去年の名前を拝借しました(*^_^*)テヘ


④大型展示
今年、初の試みの大型展示室は、『光る12星座図』と『惑星模型』を展示しました。
『光る12星座図』は部員の“宮鳥くん”の発案が実現したもので、今までにない展示でとてもキレイな展示でした。
『惑星模型』は“カペラ”が中心になって制作にあたってくれました。
惑星の大きさの割合を忠実に再現するために、太陽はなんと1m以上の大きな展示模型となりました

これらの展示のほかにも、“チャラ男”が中心になって、3年生男子が協力して書いた大看板の制作は大学生活のいい思い出になりました


今年の学祭も大きな問題が起ることなく、無事にやり切ることができました
この場を借りて、部員のみんな、ご指導、ご鞭撻頂いた先輩方にお礼を言いたいと思います。
ありがとうございます
今年は部長がこんなのだから、みんな仕事が多くてゲッソリしていたけど、部長的には、みんなちゃんと動いてくれたし、みんなで一つのもの作るのって楽しかったし、

なにより、


俺は満足だぜッ!


ちゃんちゃん、


写真コンテスト

秋の星座紹介

冬の星座

月を再現!!

太陽系の模型

10/12 (月) 観望会

文:タカショウ

開始23時~場所はじょんのびでした。
人数は10名ほどで、車は3台で移動しました。
望遠鏡は持たず、カメラ2台で決行。
大学に帰ってきたのは午前2時過ぎでした。

天気は晴れていましたが、雲が出ている時間帯もありました。
上空の風が強かったせいか、比較的雲の動きが早かったのが救いでしょうか。
全体的には星が良く見える観望会でした。

アナログカメラの調子が悪く、アナログで撮影した写真はなかったことに
と言うわけで、カメラ等については13日の観望会に任せようと思います。
この時期は被写体も多く、星空も見ごたえがあります。

学祭前のこの雰囲気はやっぱりいいですね。
学祭まで残り僅かですが、部長、副部長を主軸に頑張っていきましょう。
タカショウでした。

10/10 星空観察会

Author:☆ハリセンボン☆

10/10の星空観察会の報告です。
この日の天気は不安定だったため、大事をとって屋内での開催となりました。

わくわくクラブの高島さんによる絵本の読み聞かせが終わると天文部の出番です。

まずは星空解説。今回は「秋と冬の星座」を紹介しました。
二つの季節ということもあり、いつもよりも長めになってしまいましたが、参加者の皆さんは終始耳を傾けてくれました。

次いで天文クイズ。
例年よりも難しかったためか全問正解の子はいませんでしたが、元気いっぱいに楽しんでもらえました。

その後「土星の環の消失」の解説。
こちらは、クイズで集中力が切れてしまったのか、解説が難しかったのか少しグダグダになってしまいました。反省しています。

最後に屋外で星空観望をしました。
雲が多く見える星はわずかでしたが、カシオペヤ座などその日に解説した星座を見ることができてよかったです。

今回が今年の観察会の最終回でした。
担当者は変わりますが、来年も星空観察会をよろしくお願いします。

9/26・10/3 ウォッチング

Author:☆キッコーマン☆


9月26日と10月3日に2週連続で自然科学館にてウォッチングに参加してきました

26日はなかなかの星見日和で、望遠鏡のセッティング中にはISS(国際宇宙ステーション)が通過していく様子をしっかり見る事ができました!

ただ、この日は国体の開会式でビッグスワンの照明がついたままだったので、フォーマルハウト等の低い所にある星は見づらかったです

3日は中秋の名月という事で月をメインに据えた内容でした。多少雲がかかっていましたが、きれいな月を見ることができました

あと両日に共通することですが、この時期でも夜は肌寒いので早々と帰ってしまう方が結構いました

これからしし座流星群や撮影などで観望会に行く機会も多くなると思いますが、その時には防寒対策を怠らないように

シンカワホタル

文責:部長

日増しに秋が深まってまいりましたが、皆さまお元気ですか?
秋といえば、芸術の秋ッ!!

天文部は観望会を兼ねて、西区deアートのイベントの一つである『シンカワホタル』に参加してきました♪
『シンカワホタル』とは、新川に人工ホタルを放流し、その幻想的な情景を楽しむ素晴らしいイベントです♪♪


作業は新川に架かる橋の上だったので、部員の“ケンちゃん”が川に落ちないか心配していましたが、参加者に“:☆イニシャルDの86☆”がいたため、人工呼吸がすぐにしてもらえる特典がついてきました。その後、“ケンちゃん”と“:☆イニシャルDの86☆”は人工呼吸したとか、しなかったとかで…、

日中は新川に流す人工ホタルの設置に奔走しました、、、(汗)
でも、日頃の行いの良さでしょうか、作業の途中で野生のトキが見られたのは嬉しかったです♪

日中の作業の甲斐あって、だんだん夜が深まると、少しずつ幻想的な情景が眼下に拡がりました☆

この日は中秋で、限りなく満月に近づいている月も夜空に浮かび、役者は揃ったッ!!という感じでした、天文部的に(私個人的に?)。

天文部もキレイに光るホタルたちの見ながら、観望会を開きました。
少し雲が出ていましたが、月が眩しいくらいに輝いていたので、早速観察です。
この日は天文部員だけでなく、『シンカワホタル』を見物に来た方たちにも、雲の合間から顔を覗かせる月を肉眼と双眼鏡と望遠鏡で比較しながら観察してもらいました。

部員の“きのこの里”が「私、ちっちゃい子に声かけてきますね♪(参加者を募るの意味で)」といって、闇の中に消えていきました。その後、“きのこの里”の姿を見たものはいるとか、いないとかで・・・、

“きのこの里”の声かけが功を奏したのか、いつしか双眼鏡と望遠鏡の前には人の列ができ、普段、望遠鏡などを覗いたことがない方たちがほとんどだったようで、月の眩しさや、クレーターの凸凹ウサギに見える海の模様などなど、天文部員にとっては当たり前になっていることにも、とても喜んで観察してくれていました♪
ご年配の方に「いいものを見せてもらいました」と、お礼を言われた時は、素直に嬉しかったです。(照)


芸術的な『シンカワホタル』に参加できただけでなく、一般の方に天体観察の素晴らしさ、月の麗しさを伝えることができ、とてもお腹いっぱいのイベントでした♪

ちゃんちゃん、


最後に、『シンカワホタル』の準備を手伝ってくれた天文部員の皆さん、ありがとうございました。
&開催日が重なってしまったウォチングの担当者の方、ごめんなさい、、、(ウソ泣き)


<シンカワ・トキ↓>
ケンちゃん: 部長ッ!写真撮ってないで、手伝ってくださいッ!!
トキ

<ホタル設置中↓>
橋の上からホタルを放流しました。
橋の上で作業

<ホタルの正体↓>
教育学部の人たちが、ひとつひとつ手作りで作りました。お疲れ様です。
人工ホタル

<夜更け↓>
だんだん暗くなり、ホタルたちが輝き始めました。
幻想的な情景

<ホタルと月↓>
仲秋の名月との共演、とても幻想的な絵になります。
仲秋の名月とホタル

<ホタルと観望会↓>
シンカワホタルの参加者に、月の観察もしてもらいました。
望遠鏡で月見

カレンダー
| 2009/10 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今後の予定
行事   
      
  • 10/8
    りゅう座流星群

  •   
  • 10/20.21
    新大祭

  •   
  • 10/21
    オリオン座流星群

  •   
  • 11/5
    おうし座流星群

  •   
  • 11/17
    獅子座流星群

  •  
  • 12/13
    双子座流星群

  •   
  • 12/22
    こぐま座流星群

  •   
その他   
      

  • 特記事項はありません

  •   
訪問者数
記事検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。