スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日食観察会

文責:新潟大学天文部・部長


新潟大学内で『日食観察会』を開催しました♪

部員のみなさんの中には21日の大雨で、「本当に22日は晴れるのだろうか?」と不安になりながら準備していた人もいたことでしょう。
22日の天気予報も、晴れ時々雨、となんとも博打色の強い予報でした・・・。


しかし、天文部員は日ごろの行いがいいッ!!

9時55分の日食の始まりの頃から次第に雲が疎らに!
そして、雲と雲の合間から欠け始めた太陽が顔を出し始めました!!

あまり大々的に宣伝していなかった『日食観察会』でしたが、日食が始まったら絶えず、黒山の人だかり、という状態でした。

11時09分の最大に太陽が欠けた時には、一般の参加者から自然と拍手が鳴り始まり、本当にこのイベントを開催してよかったと思いました♪

イベントが成功したと実感した時、もう一人の担当者『登山くん』と一緒にはしゃぎました♪♪


世界天文年という節目の年に歴史ある新潟大学天文部の部長になれたこと、
46年ぶり、今世紀最大の皆既日食(新潟では部分日食)をこんな素敵な形で迎えられたこと、
そして、共に部を盛り上げいこうと言ってくれた仲間たちと世紀の天体ショーを体験できたこと、本当に生涯の思い出ですッ!!!

最後に、担当者を快諾してくれた『登山くん』に心より感謝します。


次回の日食は、2012年の金環日食です。
…って、3年後ッ!?驚


<一食前で行った観察会の様子↓>
天文部では日食グラスを貸し出して、参加者に観察をしてもらいました。
観察会の様子

<看板↓>
多くの人の心をつかみました。
看板

<ポスター↓>
観察の仕方や2012年の金環日食について書かれています。
ポスター

<空を見上げる人々↓>
携帯で写真を撮る人もたくさんいました。
日食を見上げる人々

<日食↓>
雲のおかげで逆に見えやすかったように思います。
部分日食

<ピンホールBOX↓>
覗くと欠けた円状の光が見えます。
ピンホールBOX

<望遠鏡↓>
太陽の形を映し出して観察しました。
望遠鏡

<望遠鏡を用いた観察↓>
太陽と月が徐々に移動していくのがよくわかりました。
太陽と月の移動を観察

<日食グラス越しの太陽>
雲が無いと、グラス越しでも少しまぶしいです。
グラス越しの太陽

<最も欠けた時↓>
新潟では約7割が欠けました。三日月のようですね。
最も欠けた時

comment

No title

大勝利!!

成功してよかったよね( ´∀`)

No title

おつかれちゃーん!
その場にいなかったけど、日食ってすごいわ!!
全国で注目してたのもあるけど、
昼に部活に人が集まるのはうれしいね!!


Secret

カレンダー
| 2017/06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
今後の予定
行事   
      
  • 10/8
    りゅう座流星群

  •   
  • 10/20.21
    新大祭

  •   
  • 10/21
    オリオン座流星群

  •   
  • 11/5
    おうし座流星群

  •   
  • 11/17
    獅子座流星群

  •  
  • 12/13
    双子座流星群

  •   
  • 12/22
    こぐま座流星群

  •   
その他   
      

  • 特記事項はありません

  •   
訪問者数
記事検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。